マイホームよりも賃貸の方が賢い選択か?

賃貸とマイホーム、一体どちらのほうが選択として賢いのでしょうか。同じ金額を毎月払うのであれば自分のものになるマイホームのほうが良いのではないかと考える人もいますが、人生のステージに合わせて自由に生き方を選べる賃貸のほうがコストパフォーマンスがよいと考える人もいます。

実際のところ、唯一の正解は存在しません。人生が人それぞれであるように、ライフスタイルも異なるため、絶対にどちらが賢いということは断言できないのです。子供の誕生や成長、進学、夫婦の仕事の変化に合わせて住居を変えるのが柔軟なライフステージの変更と考える人にとって、賃貸は賢いコストの選択といえます。しかし、ローンを資産構築と考えて将来的な投資としてマイホームを考える人にとっては、ずっと賃貸で暮らすのは自分のものにならない家にお金を出し続ける損失と考えられるわけです。

また、自分の家に対する理想を詰め込んだマイホームを持つことによって仕事に対するモチベーションが上がるという人もいます。自分の家があることで心理的に落ち着き、この家を維持していこうと思うことによって収入向上や生活のモチベーションが上がり、頑張ろうと思えるそうです。一方で、オシャレなデザイナーズマンションなどの部屋を賃貸することによって、毎日の暮らしに張り合いが出る、家賃のために仕事を頑張れるという人もいます。結局のところどこにモチベーションを感じるかも人生それぞれなのです。

そんな中、最近増えているのが、定年後に一括で家を購入するという世帯です。人生の大きな変化がなくなり、ある程度生活に自由ができる反面、あちこちへ転居することが年齢的に難しくなり、また賃貸は一生死ぬまで家賃を払わねばならないため、収入が年金になると不安を感じることから、夫婦二人で暮らす程度に丁度いい物件を定年時に一括で購入するわけです。

生き方が多様化した現代、かつてのように結婚して子供を持ったらマイホームを購入するという考えはだいぶ変わりました。金利もかなり変わっているため、賃貸とマイホームどちらが必ず賢いとは断言できず、その時々の資産状況や税制優遇措置を敏感に読み解いて、最終的に最もコスト面でプラスになる分岐点を見極めるのが賢い選択ではないでしょうか。

賃貸とマイホームのメリットを上手く組み合わせ、自分の人生のステージに合わせてちょうどよい家を手に入れることが、一番賢いと言えるかもしれません。