防音性を意識するならどこに注目する?

育ち盛りの子供がいたり、楽器やペットを持ち込む場合、防音性の確認と対策は大切です。騒音トラブルはご近所トラブルでも特に数が多く、深刻な問題になることも少なくありません。単純に構造が鉄筋コンクリートの建物なら大丈夫というわけでもないのです。マンションのような鉄筋コンクリートの建物は基本的な防音性は非常に高いのですが、角部屋などでは完全とはいえません。鉄骨造の建物はいざ響くと上下左右だけでなく、構造体を伝って離れた部屋に音が届いてしまうこともあります。そこで下見の段階で防音性がどれくらい確認しておく必要があります。

建物には木造、鉄骨造、鉄筋コンクリートの3種類です。この中で最も防音性が低いのは木造です。逆に防音性が高いのは鉄筋コンクリートです。中間になるのはアパートに多い鉄骨造で、防音性はそこそこなのですが軽量鉄骨で作られた建物は鉄骨や壁が中空なため音がよく響いてしまいます。構造がなにか調べる方法は簡単で、下見の時でも簡単に確認できます。部屋の壁を叩くと高い音がすると、中が空洞になっている可能性が高く、防音性は期待できません。逆に叩いても重い音がしたり響かないと重鉄骨を使用しているので音が響きにくい構造です。

鉄筋コンクリートの建物も、防音性は高いのですが、構造によっては音が響くことがあります。例えば角部屋のように窓が多いと、その分音が外に出やすくなります。そのせいでせっかくの鉄筋コンクリートなのに騒音トラブルの原因になってしまう可能性があります。角部屋の魅力である二面採光は、開口部が多くなる分音に気をつける必要があるということです。同時に、周囲からの音も入りやすいため、静かに過ごしたい場合は窓が面している場所を確認し、幹線道路沿いの場合は再考を検討したほうが良いでしょう。

実際に部屋の防音の度合いを調べるには、部屋の真ん中でまず手を叩いてみます。音が壁や天井に反響して戻ってこない場合、どこかに音が抜けているので、部屋の防音性になんらかの問題がある可能性があります。次に壁の四隅を叩いてください。コンクリート壁は叩くと硬く、詰まったような音がします。しかし叩いた感触が軽く、裏側に響くような高い音の場合、石膏ボードなどの可能性があります。コンクリート壁であれば防音性は高いのですが、石膏ボードは期待できないので入居するときには音に注意が必要です。構造体は鉄筋コンクリートでも、壁材が防音に向いていない建物があるので、このようにチェックすることで防音の度合いを下見の段階で知ることができます。